2010年11月17日

キャンデリラワックス

TeDeのリップクリーム材料のひとつ、
キャンデリラワックスバッド(下向き矢印)です。
IMG_0008.jpg
キャンデリラワックスは、メキシコ北部やアメリカ南西部に生育している
キャンデリラ草の茎から得られる植物性のロウです。
夏冬の温度差が65℃に及ぶ乾燥地帯という厳しい自然環境から、
自らを保護するために分泌したワックスで、茎の表面を薄く覆っています。

キャンデリラワックスは融点が高く
口紅やリップクリームなどの重要な材料として使われています。
また、チューインガム基材として、
キャンディやチョコレートの防湿・つや出し剤としても使われているそうです。
今日は、しそ配合のリップクリームバッド(下向き矢印)をつくりました。
IMG_0012.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41791161
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック